オリジナルTシャツの新定番といえば5.0oz

Tシャツも時代に流れと共にその生地やサイズ感、厚さの主流は変わっていくものです。
90年代に流行ったアメリカ的な分厚い生地も未だに一部の層に人気がありますが、ここ数年で主流は薄手のTシャツに変わりました。

オリジナルTシャツのボディとなるTシャツも薄手のタイプが好まれる様になってきました。
その流れで今までの定番であった5.6ozは厚手扱いとなり4oz後半~5ozのTシャツがこれからのスタンダードになる様です。

この5401もその新定番となるアイテムです。
タイトすぎず、ルーズすぎず絶妙なサイズ感とフィット感を両立した生地厚。シルエットにこだわるスタイリッシュなTシャツです。

薄手のTシャツはペラペラで伸びやすい?

薄手のTシャツは細い糸を使っているので、厚手のTシャツに比べるとペラペラで伸びやすい。
それも間違いではありませんが、メーカーも薄手でも伸びにくいTシャツ開発に力を注いでいます。

まさにこの5401もそのひとつです。

首リブの取り付けには耐久性をあげるために袖付け用ミシンを使用して2本糸で縫製を行っています。
(表からステッチが見えないつくりにもなっています。)

またリブには高弾力糸を部分的に編みこみ耐久性の向上も図られています。
これはとても効力があり伸びにくい、崩れにくいネックを実現しています。

この様なメーカー努力によって薄手でも長く着用出来るTシャツも続々と登場しています。

チームTシャツは老若男女が着る

チームTシャツのボディ選びは個人の好みで選べないのが難しい点の一つです。

若者は薄手を好み、大人は薄手だと安っぽいと感じてしまいます。

そこでオススメなのが「まぜまぜ注文」(勝手に命名)!

無料サンプル請求で各アイテムサンプルをお取り寄せいただき、チームの皆さんにそれぞれご希望のシャツを選んでもらいます。

※あまり種類があると皆さん迷ってしまうので3種類(松竹梅)くらいで収めておくことをオススメいたします!