プルカラー転写加工

インクジェットプリント加工が登場するまで、フルカラーの印刷をするには「転写加工」、「昇華加工」という方法しかありませんでした。

昇華についてはここでは触れませんが、「転写加工」は

      専用にシートに柄を印刷
      シートをカット
      熱圧着

という工程で加工されます。

ウェアに対して直接プリントを行うのではなく、プリントしたシートを貼る事でオリジナルデザイン柄を表現していきます。

インクジェットプリントが無かった時代は、転写でしか対応が出来なかったカラフルなデザインやフルカラーデザインですがインクジェット加工の発達で大分見かけなくはなりましたが

・アウター
・濃色ポリエステル商品

に対しては未だにインクジェット加工が対応出来ず、一部のアイテムではまだ必要とされている加工方法となります。

デメリット・短所はシートを貼り付けているのでTシャツやポロシャツの夏場アイテムに大きく加工を行うと加工部分の通気性が悪くなるので汗を発散させる事が出来ず若干ベトベトする点。耐久性に関してもすぐに剥がれたりはしませんが長期的に見るとシートの劣化と共に加工部分が劣化しますので、シルクプリントに比べると耐久性は劣ります。

フルカラー転写可能のまとめ

      フルカラーに対応出来る
      アウターに対応が出来る
      夏物アイテムでは加工部分が若干ムレる

背番号加工|カッティング加工

ユニフォームや個別名入れに必須の「背番号加工」はカッティング加工にて対応しております。

      色のついたシートをナンバー型にカット
      熱圧着

サッカーユニフォームは勿論、野球ユニフォームの背番号加工はカッティングで行われている場合が多いです。

クラスTシャツでもネーム加工は人気があります。

クラスメイトの各々の名前を加工するのは勿論、各々のキャッチフレーズやあだ名を背中に入れるのも人気があります。

デメリットとしては、一人一人のデータを作り1枚ずつ加工を行うので大量生産が出来ず値段が若干高くなる事です。

ただ表面は共通でも背中面は別々にする事でオリジナリティがグッと増すので大変人気があります。

背番号加工|カッティングのまとめ

  • ユニフォームの様に出来る
  • オリジナリティが増す
  • 別途料金がかかる

スパークルでは背番号加工も他社圧倒の特価対応しておりますので、オススメです。